毎週日曜配信

↑画像をクリックすると動画に飛びます

 

自己紹介

大阪府豊中市に生まれ、中学校のブラスバンド部で音楽と出会う。
高校でエレキベースを手にしたと同時に改造をスタート、
独学で友人のギターやベースの修理を行う。

大学卒業後メーカーに勤め開発業務に従事。
設計に図面の作成、試作品のテスト、
特許文書作成まで幅広い業務を行う。

30歳、娘が生まれる直前に前職を退職。
働きつつギター製作学校に通い始め、
さらに永く辞めていた音楽活動を再開。

【街角ギター写真Guitarsnaps】
Facebook
製作学校卒業と同時に街ゆくギターケースの中身が
気になりすぎて街角ギター写真Guitarsnapsを開始。
3年で900枚を超える写真を撮影させて頂く。
音楽人口を拡大したい、音楽やめていた人に再び楽器を手にして欲しい。
という思いのもと現在も活動を継続中。

【工房弦シェルジュ】
Facebook
制作学校卒業後、人のつながりや撮影させて頂いた方から
依頼を頂き屋号もなく楽器の修理をおこなってきたが
2018年屋号を賜り「工房 弦シェルジュ」とする。

【ギタスナフェス】
Facebook
2017年11月11日撮影させて頂いた方に出演して頂く
野外音楽フェス、GuitarsnapsFestival2017開催。
900枚の写真を展示、約40名のスタッフと515名の方々に来場して頂く。

2018年は全員参加型野外音楽フェスとして
夢をあきらめないオトナたちが
キラキラとワクワクを自慢する一日を作り上げます。

フェス開催の目的として忙しい世代にも趣味ややりたいこと、
自分自身のために費やす時間を増やせる、
そんな場づくり、きっかけづくりをしたい。という思いがあります。
自分自身がイキイキとすることで
仕事や家族との関係もより良いものになると信じています。
また、高齢者が増える中、
老後に突然趣味をはじめることは難しいですが
若いうちに趣味と継続可能な仕組みが増えることで
老後の人生においてもより
若々しく過ごすことができるのではないかと考えています。
そういう人々が増える街はきっと幸せで平和になります。

また、ギタスナフェスでは音楽にとどまらず、
あらゆる挑戦を応援します。
2018年11月17日11時11分、服部野音で会いましょう!